パソコンを安く買うためには

パソコンを壊さないために気をつけたいこと

工事現場でも使えるような頑丈なパソコンもありますが、基本的にはパソコンはデリケートな精密機器です。それを手荒に扱うのでは、外部からの衝撃で壊れてしまう可能性があります。パソコンを壊さないように使うためには、まずは外部からの衝撃は出来るだけ避けるようにします。落としたり、水をこぼしたりする他、タバコのヤニや埃がたまってキーボードが反応しなくなったり、接続が上手くいかなくなることもあります。圧力や温度の変化にも弱いです。天候が影響することもあります。雷が強いときは、影響を受けないようにパソコンが繋がっているケーブルをコンセントから抜いておいた方が安全です。こういった外部からの刺激以外に、内部のソフトとの相性、ウィルス対策にも気を配りたいものです。

パソコンを動かしているのがプログラムですが、たくさんソフトを起動してればそれだけ本体の処理システムに負荷がかかります。ウィルス対策ソフトを何本も入れたら、それがお互いにぶつかりあってしまって正常に動作しなくなってしまうこともあります。ソフトの相性は選んで使うことが大切です。コンピュータウィルスに対しての安全対策では、対策ソフトを使う、見知らぬ人からのメールや添付文書は開かない、などを心がけましょう。

Copyright (C)2017パソコンを安く買うためには.All rights reserved.